転職-Next Opportunity-って?
人材スカウト会社、オフ・ビートが毎週火曜日に発行しているメールマガジンのバックナンバーです。
ご購読申込みはこちらまで。

携帯電話で気軽に読める【モバイル版】も発行しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit

- 転職 Next Opportunity - No.126

株式会社オフ・ビートがお届けする転職情報メールマガジン
━━━━━━━━  ◆毎週火曜日発行◆ http://www.offbeat.jp
 - 転職 Next Opportunity - No.126 [2007年7月17日]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!オフ・ビートの四元です。

今日は「転職者の声」を是非、読んでみてください。
実際に経験された方なら、「うんうん」とか「そうかなー?」とか。
経験されてない方は、「へぇー良く聞くけど本当なんだ」「まさかー?」とか。
色々と感想をお持ちになるかと思います。

それでは、本日のメニューです。

━□■INDEX■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 北田の出たトコ勝負!
   ◇昇進試験に合格しました!
   ◇近々ご相談したいことがあるのですが・・・

■ 転職者の声
   ◇文化の違い~「どれが良い」ではなく「色んな考え方がある」~
     Kさん(60才) 監査役/光通信部品製造ベンチャー

■ いちおし!求人情報 
   ◇新鮮な情報をピックアップ!

■ 編集後記
   ◇四元的身辺雑記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
◆北田の出たトコ勝負!◆ http://offbeat.cocolog-nifty.com/
―――――――――――――――――――――――――――――

◇昇進試験に合格しました!

「実は、昇進試験を受けたんですよ!」

「それで、結果はどうだった?」

「落ちていたら、言いませんよー!
 合格しました! (笑)」

「おめでとう!!! 良かったね!」

「今の上司が結構、力になってくれて・・・」
 
   ・・・・・・・


Mさんとは、ある人の紹介で、6~7年前に
知り合ったのだが、転職相談にのった覚えは
少しもない。
それなのに、ゴルフコンペには参加してくれたり
時々会って話をしている。不思議な関係・・・。
 
 
実は、僕は、Mさんのことを凄く心配していた。

Mさんの希望ではないのに、結構頻繁に
部署を移動するからだ。

「使い辛くて、上司に嫌われるのかな?」

「大変な仕事ばかりさせられて、
 うまく利用されているのかな?」

なんて、いろいろ推測していた。
 
 
確かに、Mさんは少し変わっているかも知れないが、<つづきを読む

 
 
 
◇近々ご相談したいことがあるのですが・・・

一瞬、『ドキッ!!!』 とした。

5年前位にある会社にご紹介したTさんからの
久しぶりのEメール・・・。

しかも、平日の夜に会いたいと言う。

「どうしたんだろう?
 また、転職したいのだろうか?」

そんな風に考えてしまうのは、この仕事の
いけない習慣?なのかもしれない。


「彼なら今どこの会社に紹介できるだろうか?」

なんて考えながら、待合せのホテルのロビーに
早めに行って待っていると、笑顔で現れ、

「どうも、ご無沙汰しています!」

「お仕事はどうですか?」

「大変ですよ・・・。」

「どうかしたの?相談って?」 

<ドキ!ドキ!>

「私の部下を探してほしんです。」

<ホッ!>

「どういうこと?」 <つづきを読む



---------------------------------------------------------
その他のメッセージはこちらからご覧ください。
気になる記事にはコメントを下さいね!

―――――――――――――――――――――――――――――
◆転職者の声◆ http://www.offbeat.jp/voice/index.html
―――――――――――――――――――――――――――――
 ◇文化の違い~「どれが良い」ではなく「色んな考え方がある」~
   Kさん(60才) 監査役/光通信部品製造ベンチャー

「アメリカ西海岸でPC会社の設立・運営に当たってくれ!」
…50歳少し前の突然の海外転勤辞令であった。

不十分な英語力、会社設立や運営知識不足等 不安は多かったが
「シリコンバレーでの事業展開」と言うロマンに魅せられ、旅立ったのは
10数年前のことであった。
会社の設立登記、社屋の賃貸借契約、キーマネージャーのリクルート、
生産設備の準備、設立総会の開催等ビジネス開始の準備作業と共に、
私生活面では、アパートの契約・レンタル家具の手配・ビザ申請・預金
口座開設・自動車免許取得・車購入等の準備も着実に実行していった。

下手な英語で苦労したが、「自分は何をしたいのか?」の単語を並べると
意外と通じるものであった。

アメリカでの生活は、出張の場合と異なり、赴任となると毎日の生活は
驚きの連続であった。何故、そこまで日本と異なるのか? 
文化の違いを考えさせられた例をいくつか紹介したい。

1.自己主張について
特に仕事の上でローカルスタッフと接する機会が多かったが、彼らの
自己主張の強さには驚かされた。リクルートの面接では「自分の立派な
経歴、高い能力、採用側のメリット」をとうとうとまくし立てる。

採用が決定した後接したら、基礎的なことを理解していないことが多々あり
苦笑させられた。業務の上では「自分の成果」を強調する。
営業は個別の注文が取れたことを誇らしげに報告するが、合計で目標が
未達成のことは説明しない。

仕事で「Good job!」と誉めようものなら大変である。翌日には早速
「給料を上げてくれ」とか「ポジションを上げてくれ」とストレートな
要求が出てくる。「おいおい…もっと、奥ゆかしく!…努力すれば黙っていても
報われる!」と言う日本の文化は通じないのである。

現地の経営幹部はLTIP(Long Term Incentive Plan)で高い報酬を
要求し、目標が未達成であってもそれは「他人の所為(日本側の製品の所為)
であり、自分は目標以上の成果を挙げた」と説明する論理は日本人には
理解しがたいものがあった。

2.製品やサービスの品質について
アメリカ社会は「人間はミスを犯すもの」と言う前提で構成されていると思う。
人が作る製品に不良はつきもので、不良がでたら取り替える。
或いは、高速道路で目的のインターチェンジで下り損なったら、<つづきを読む>

―――――――――――――――――――――――――――――――
その他、転職にまつわるエピソード、転職して感じたこと、悩んだ事等、
当社を通じて転職された方の「生の声」を掲載しています。
http://www.offbeat.jp/voice/index.html


―――――――――――――――――――――――――――――――
◆いちおし!求人情報◆ http://www.offbeat.jp/job/
―――――――――――――――――――――――――――――――

当社が大変親しくお付き合いさせて頂いている企業からのホットな求人!
☆この求人情報は全て《非公開》のため、詳細は記載しておりません。
お気軽にお問い合せください。

■外資系通信サービス事業会社   
ネットワークエンジニア/無線ネットワークコンサルタント/フィールドエンジニア/R&D
〔東京/神奈川、400-1,000万円〕   

営業/調達/採用・教育〔東京/神奈川、400-1,000万円〕   

■インターネットメディア・WEBコンサルティング事業会社   
営業本部長〔東京、-1,000万円〕   

■動画配信サービス会社   
編集〔東京、600-800万円〕 
SE[課金システム/DB]〔東京、-1,200万円〕   

■外資系ITコンサルティング会社   
SE/プロマネ/コンサルタント/アナリスト〔神奈川/愛知/大阪、500-1,800万円〕   

■セキュリティ関連製品の開発・販売会社
営業〔東京、450-650万円〕   

■情報システムの企画・開発・コンサルテーション会社
SE/営業/経理・財務/法務/事業企画〔東京/大阪〕  

■外資系不動産会社   
営業〔東京〕   
プロパティマネージャー〔東京〕   
経理〔東京〕   
ファシリティマネージャー〔東京〕   

■ドロップシッピング事業会社   
SE〔京都、-500万円-〕   
バイヤー〔京都、年収応相談〕 
経営企画〔京都、450-700万円〕

■環境ビジネス事業会社   
CFO/経理・財務〔滋賀、550-750万円〕   

■基板検査装置の開発・製造会社   
財務マネージャー〔滋賀、500-650万円〕   

■総合情報サービス   
人事(企画/採用)/法務/経理・財務(株式上場)〔東京〕   

アカウント営業/営業サポート〔東京/名古屋〕   
事業企画〔東京〕   
プロジェクトマネージャー/WEBディレクター・デザイン/機械設計〔東京/名古屋〕   


その他の主な求人情報は下記URLへ!
⇒求人情報    ⇒RSS配信  


―――――――――――――――――――――――――――――
◆四元的身辺雑記◆
―――――――――――――――――――――――――――――

この3連休は台風や地震等の天災に見舞われました。
被災地の皆さまには心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復興を
お祈り申し上げます。

現在も、携帯電話からも「災害用伝言板」に繋がるようになっています。
災害に遭われた方などの安否の確認が出来るのですが、私は幸いにも
まだ利用したことがありません。

普段、当たり前のように使うようになった携帯電話もこういう時には
持っていて本当によかったと思うものだと思います。

ところで、日常の様々な場面で、携帯電話やインターネットが普及する前は
どうしていたんだろう?と思うことはありませんか?

例えばよく言われる事ですが、学生の頃は自宅の電話しかなかったので
友達と長電話したくても、ナイショの話をしたくても、常に親の冷たい視線に
晒されていたものです。
ましてや、付き合っている異性と電話したい時なんて、、、直接本人が
電話口に出るとは限りませんから、そりゃもう、、、。

ふっと考えました。

転職、人材スカウト、ヘッドハント・・・。どうしていたんだろう?

今はネットを利用して、登録し、メールで企業を紹介されたり。
コンサルタントも、転職希望者の方にはご自宅に連絡を入れるよりは、
メールとか携帯電話で連絡を取るのが主になっています。

日中に勤務先、、、電話しづらいですよね。
激務で残業がつづいて、帰宅がおそく、なおかつ、勤務先になんて連絡が
出来ない場合・・・コンサルタントはどうやって連絡を取っていたのでしょう?

わたしが人材紹介の会社に入った当初はたしかインターネットも携帯電話も
普及していませんでしたから、その時はそれなりのやり方で成り立っていたはず
なんですがどうやっていたのかあまり詳しく思い出せません。
具体的にコンサルタントがどうやっていたかを、今現在の視点から聞いて
みたいですね。その時はそんなに苦労だと思っていなかったことも、今、
語ってもらったら「苦労話」になりそうです・・・。

今度、社長に聞いてみようと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――
今月号は以上です。
次は、7月24日(火)に発信いたします。お楽しみに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行  :株式会社オフ・ビート  
     〒101-0065 東京都千代田区西神田2-4-3 高岡ビル4F
発行人 :北田 勝久
編集人 :四元 結実
E-mail :magazine@offbeat.jp
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (c) 2003 OFF・BEAT CO., LTD. All rights reserved.
掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






スポンサーサイト
2007,07,18 13:28Edit
COMMENT
COMMENT POST













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
トラックバックURL:
携帯電話も、Eメールもなかったら・・・
昨日の弊社メルマガの「四元的身辺雑記」への お返事です(笑) 携帯電話もEメール
北田の出たトコ勝負!|2007,07,18 15:42
Profile
こんにちは!編集人のヨツモトです。
求人情報だけでなく、社長、コンサルタントのブログも随時更新しています!
そちらもよろしくお願いします!

■社長ブログ
北田の出たトコ勝負!

■道明ブログ
コンサルタントエッセイ
Welcome!
全記事が表示されます*
全タイトルを表示
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。